楡心会会員からのメッセージ



石川 健次(1969年学部卒業、元法務省札幌矯正管区長)


鑑別技官の仕事を振り返る

入省
 1970年に法務省に入り、以後37年間、矯正の分野で働いてきました。在学中は不勉強な学生で、合唱団(グリー)活動に打ち込んでいました。4年目も、東大安田講堂事件直前の1月に大挙して上京し、指揮者として東京公演を成功させました。そんなこんなで、卒論は何とか仕上げて卒業できたものの、民間会社勤務を経て、法務省入りは1年余り遅れることになりました。その際、児童相談所も選択肢の一つでしたが、小さな子供たちと交わるイメージが湧かず、一方、思春期の疾風怒濤や青年の自立の悩みには共鳴するところがあり、青少年が相手の矯正入りに迷いはありませんでした。

鑑別
 矯正では、その3分の2を心理技官の最も重要な職域である少年鑑別所で勤務しました。以下、鑑別技官の業務を、若い頃の経験を中心に記載することにします。 主たる業務の収容審判鑑別ですが、その目的は、入所少年の資質の特徴や非行要因を明らかにして、改善更生のための処遇指針を立てることです。そのために、鑑別技官は少年と面接し、心理検査を行い、教官が行う行動観察やその他資料をも統合して、鑑別結果通知書にまとめます。

面接
 面接室で対面し、自ら問題に向かい合おうとする来談者の自主性を尊重し、その内面を受容、共感しながら変化に寄り添っていく、これが一般的な心理臨床のイメージでしょう。鑑別所での心理臨床もそれに近いのですが、アセスメント(心理査定)に力点があることと、何より少年は自発的に来談したのではなく、非行によって心ならずも臨床の場に引き出されて来たことに特徴があります。
 我々が少年の今後の決定に関与する立場にあるだけに、あからさまに反抗し、拒否的な態度を示す少年は稀ですが、それまでの幾多の経験を背景にした根強い対人不信があり、警戒的で、働きかけへの抵抗も強いのが通例です。迎合的に振る舞いながら、こちらを操作しようとする少年もいます。
 面接では、信頼関係を結ぶことができるよう、できるだけ自然に接し、彼らがそうした反社会的ないし非社会的な態度、価値観を抱くに至った要因を共感的に理解しながら、粘り強く進めていきます。
 駆け出しの頃、こんな失敗がありました。初回面接で聴き取った家庭環境や生育歴はそれとして理解したつもりでしたが、再度丁寧に聞き直したところ、実はすべてが嘘で作り上げたものだったのです。このこと自体が少年を正しく理解する重要な視点となった訳ですが、鑑別の場における大きな壁を思い知る、苦い経験でした。

心理検査
 知能検査の他、人格目録などの質問紙法検査、投影法の検査をします。非行のある少年の特性が把握できるように、攻撃性、虚構性などの尺度を備えた質問紙法検査が部内で開発され、活用されています。
 ロールシャッハテスト、TAT、バウムテストなどの投影法は、少年の防衛を和らげて内面を理解するために有効で、技官は少なくとも一つ得意な検査を持つよう奨励されています。私は阪大法のロールシャッハを行っていました。当時は片口法の方が多く、名人芸的な解釈を披瀝する先輩もいましたが、実験心理学をかじった私には解釈のし過ぎに思え、疑問を感じたものです。90年代に実証的なデータに基づくエクスナーの包括システムが紹介され、私は物に出来ませんでしたが、今はこれが主流となっています。

行動観察
 心理臨床上、少年の行動をつぶさに観察できることが鑑別所の大きな強みです。少年の生活場面での具体的な行動だけでなく、日記、作文などの課題を与えて、その反応を見ることができます。そうした観察結果は、鑑別内容の具体性、客観性を高める重要な資料となります。少年ごとに場面設定を変えたり対し方を工夫するなど、教官との協働を進めることで、それはより豊かなものになります。
 それにしても、生身の身柄を預かるのは苦労が多いものです。強制力をもって収容しているのですから尚更です。覚醒剤中毒後遺症の少年に居室内を破壊された時は、鎮めるのも後始末も大変でした。事故の最たるものは逃走ですが、私も当時何度か経験しましたので、その中から、今も忘れがたい1例を紹介します。その少女は室内で突然意識を失い、回復しません。そのため病院に入院させたところ、まもなく意識は戻ったのですが、逃走してしまいました。捜索を尽くしましたが見つかりません。約一月後、旅行中の不審な初老の女性を発見し、正しますと、女性は何と変装したあの少女なのでした。巧妙に仮病を演じた事例だったかと思います。

実践
 新人のうちは、上司やベテラン技官のスーパーバイズを受けながら鑑別を進めます。先程の面接での嘘の事例も、スーパーバイザーに面接結果を報告したところ、いくつかの疑問が呈され、再度の面接に至ったものです。このように、スーパーバイズは、鑑別技官が専門家としての知識、能力を身に付けていく上で必須ですが、その後も折りに触れてケースについて話し合い、先輩の指導を受けます。事例を通していろいろな見方、感じ方を学ぶとともに、そこで自らの見方の偏りや弱点などに気づくことができます。常に自己理解に努めることは大切なことで、臨床家の倫理の一つと言っていいでしょう。担当者個人の判断だけではなく、組織として方針を設定して鑑別を進め、最終的に判定会議でケース検討がなされるのもそのためです。
 鑑別は、少年の非行性の理解が眼目ですので、人格理論など資質についてはもとより、非行理論や各種非行の発生機序などの理解を深めることが求められます。しかもこれらは時代とともに変遷するものなので、常に広く社会に開かれたアンテナを立てておく必要があります。シンナー乱用や暴走族が流行った時代があり、事例としては少ないものの特異な行動を見せる境界例、解離性障害、行為障害などが問題となりました。今世紀に入ってからは、増加し続ける特殊詐欺や大麻事犯、そして発達障害の的確な診断と対処が求められていること、ご承知のとおりです。

通知書
 鑑別の結果は家庭裁判所に送付され、審判の重要な資料となります。判定会議の検討結果を踏まえながら、裏付けのある内容、整合・一貫した論旨、専門用語の使い方、公文書表記などに留意して記載します。通常は3週間余りで審判が行われるので、千5百字前後の通知書を2週間程度のうちに書き上げなければなりません。元の自分の文章がほとんど残らないほどに添削が入ることも珍しくなく、2度3度と書き直しますが、徐々に簡にして要を得た書き方を身に付け、自分なりの表現を工夫するようにもなります。
 ざっと数えてみると、担当者として仕上げた通知書は15年間で約千8百通、上司や施設長として決済したものを含めると22年間で約1万通に及びます。思えば提出期限に追われる毎日でしたが、実を言うと、退職後十数年経った今でも、鑑別結果が締切りを過ぎてしまったという夢で、はっと目覚めるのです。

研究
 施設内での実践に伴う研修の他、心理技官としての基礎研修や一定期間を置いた専門研修が行われていますが、自主的な研究活動について触れておきます。
 矯正では、心理技官に対して少額ですが研究費が出、研究活動を奨励しています。私自身は決して研究熱心と言えませんでしたが、技官仲間と続けた論文や書籍の輪読会は懐かしい思い出です。ただし、飲み会の記憶の方が鮮明ということは、肝心の勉強会の成果は知れたものだったかもしれません。矯正局が毎年発行している鑑別事例集の編集などに参加して、大いに刺激を受けたこともありました。
 学会についてですが、1951年に全国の鑑別技官が中心となって日本犯罪心理学会を立ち上げ、今は矯正、保護、家裁、警察そして大学関係者ら千4百名を超える会員を擁しています。心理技官は全員加入し、心理検査、パーソナリティ、処遇などを中心に、重要な研究発表の場となっています。心理臨床学会などに加入している人も多いようです。

継続の力
 鑑別所では、少年や保護者から感謝の言葉がかけられたり、立ち直った少年が顔を見せたりすることは、滅多にありません。報われたとの実感は持ちにくい仕事です。
このような仕事を続ける原動力は何だったろうと考えますが、職務への強い責任感は当然のこととして、単純ですが、日々の営みの中に実務家ならではの喜びがあるというのが答えでしょうか。コンタクトの取りにくい少年が少しずつ心を開き、話が通じ合う、そして少年についての了解できる部分が広がっていく、それは実務家としての努力が報われたとの、ささやかながらもかけがえのない感覚です。
 職員集団によって支えられていることも大きいと感じます。スーパーバイザーや先輩技官のサポートだけでなく、教官との協力なしには仕事は進みません。塀に囲まれ鍵を手放せない職場にいながら、当初から何となく安心な心地がしたものですが、サポートし合う特有の施設風土のなせるところと思います。
 そのより進んだ形を、後年、少年院で見ることができました。比較的非行の進んでいない少年を集めた短期少年院を2年間預かりましたが、そこでは少年たちが短期間のうちに変化、成長していく姿を見せてくれ、心動く体験でした。それは明確なルールと施設の醸し出す更生的な雰囲気という下地のもと、職員の粘り強い一致した指導があって初めて可能となるものでした。
 鑑別所の収容は短期間で、矯正教育を施す施設でもないので、我々との邂逅が少年にどれほどの影響を与えたか、必ずしも判然とはしません。我々としては、入所したことが少年にとって少なくともマイナスにならないように、そして少年の将来がより良い方向に向かうような指針を示すことに努めてきました。
 対して、少年院は文字通り矯正教育の場であり、教官が少年に与える感化力は大きいものがあります。私事ながら、勤務した少年院では、院生が出院する際に私が余技で作曲した「友を送る歌」を全員で歌い、涙ながらに院生を送り出していました。同院では20年経った今も歌い継いでおり、院生が社会に出てからも思い出しては口ずさんでいると聞くと、感慨深いものがあります。

展望
 矯正部内では、私の現役最後の年である2006年から、刑務所に認知行動療法を用いた性犯罪者や薬物依存者に対する専門的な指導が導入されました。鑑別所においては、一般相談が拡充され、個別のケースの相談だけではなく、非行に関連する機関へのコンサルテーション機能を強化しています。
 また、少年院や刑務所、保護観察所に係属する人の多くが鑑別所を通過しますので、鑑別所は再非行者、再犯者の状況について見渡せる立場にあります。そこで、ケース・アセスメント・ツールを用いて施設内処遇の効果を測定し、将来の再非行要因の分析を行っています。このように、矯正の心理臨床においてもEBP(Evidence-Based Practice、根拠に基づく実践)が重要となっており、これらの主たる担い手である心理技官への期待は、一層増しています。
 矯正の外に目を向けると、全国の小中学校にスクールカウンセラーが配置されましたし、病院でのターミナルケア、犯罪被害者への支援、あるいは災害時の心のケアなど、心理臨床の場はどんどん広がっています。東日本大震災の際は、矯正の心理技官も組織的に活動しました。しかもこれらは、面接室を離れ、臨床家が出向いていってサポートを提供するという形です。時代とともに人々の心性や抱える問題は変化しますが、自らが内面を見つめてじっくり解決を図るよりも、抱える課題は表層にあって、それに焦点を当てて解決していく、そうしたニーズが高まっているということなのでしょう。
 また、このコロナ禍を期に、オンラインでの相談活動が盛んに行われているそうです。このような臨床活動にも効果があるとするなら、一定の場に同席することを基本とする従来の心理臨床のあり方は、大きく変わるのかも知れません。
いずれにしろ、鑑別技官の専門性は、矯正にあってはより幅広い領域で発揮されることが期待されていますし、その専門性の高さは他の臨床の現場でも十分に通用するものです。多くの鑑別技官が、臨床心理士や2017年に施行された公認心理師などの公的資格を得ているのも、その証左です。

終りに
 矯正に入った当初から、同窓の先輩から折りに触れて声をかけて頂き、大変励まされたものでした。その後心理技官の職域が広がったことで、多くの優秀な後輩が後に続いてくれました。北海道内はもとより、全国各地で活躍しておられる皆さんの姿を、頼もしく見ておりました。皆さんのご支援があってこそ、私も職務を全うすることができたと深く感謝しています。
 とりとめのない拙文を最後まで読んで頂き、ありがとうございました。
 この短文が、心理臨床に関心を持つ学部生、大学院生諸君の矯正への理解に少しでも役立つとすれば、望外の喜びとするものです。

(2020年11月寄稿)




略歴: 石川 健次
1969年北海道大学文学部実験心理学専攻卒業。70年法務省に入省。札幌少年鑑別所を皮切りに、矯正施設(少年鑑別所、少年院、刑務所)及び監督機関である矯正管区、計18カ所を歴任。東京少年鑑別所長を経て、札幌矯正管区長を最後に2007年退職。趣味は合唱、作曲。