researchoverviewsphotojpg

研究内容

研究していること
使用できる装置
過去の論文のテーマ一覧

研究していること(準備中)

現在準備中です。今しばらくお待ちください。

使用できる装置(準備中)

現在準備中です。今しばらくお待ちください。

過去の論文のテーマ一覧

◎心理学特殊演習(実験2)の研究テーマ

  • 3時間の母子分離によるラットの超音波発声と体温変化への影響(平成27年度)
  • 思春期ラットの遊び行動中の超音波発声(平成27年度)
  • 成獣ラットにおける新奇個体との相互作用による超音波発声(平成27年度)
  • 周産期ラットへ甲状腺ホルモン阻害剤投与が及ぼす注意障害の検討 (平成26年度)
  • 生後早期ラットにおける母子分離が及ぼす超音波発声への影響 (平成26年度)
  • 甲状腺ホルモン阻害がラットの社会的コミュニケーションに与える影響について―ペアリングの実験における超音波発声からの検討― (平成25年度)
  • 生後早期の母子分離がラットの超音波発声と成長後の不安行動に及ぼす影響 (平成24年度)
  • ラットにおける早期母子分離のUSV発声と不安傾向に及ぼす影響の研究 (平成24年度)
  • 甲状腺ホルモン阻害剤メチマゾールが周産期のラットに与える影響―注意障害― (平成23年度)
  • 老齢ラットにおけるモリス型水迷路課題の学習 (平成22年度)
  • モリス型水迷路課題における老齢ラットの遅延非見本合わせ反応に及ぼす甲状腺ホルモン阻害の影響 (平成22年度)
  • 周産期における甲状腺ホルモン阻害が老齢ラットの空間記憶に及ぼす影響―モリス型水迷路課題による遅延場所あわせ学習を用いた検討― (平成22年度)
  • 空間作業記憶における甲状腺ホルモン阻害の影響―水迷路遅延場所合わせ課題による記憶障害の検証― (平成20年度)
  • 甲状腺ホルモン阻害ラットにおける学習障害に関する研究―Morris型水迷路課題を用いた検討― (平成20年度)
  • 注意障害における甲状腺ホルモン阻害の影響―プレパルス・インヒビション法による次世代ラットの検証 (平成19年度)
  • 母体の甲状腺ホルモン阻害は次世代ラットの注意欠陥障害を引き起こすか (平成18年度)
  • ラットにおける出生前後の甲状腺ホルモン阻害と注意欠陥障害発症についての検証 (平成17年度)

◎卒業論文テーマ

  • 生後早期ラットの超音波発声に影響を及ぼす母親ラットのニオイについて(平成27年度)
  • 乳児期に母子分離を受けたラットの超音波発声と成熟後の不安・うつ行動に関する研究 (平成25年度)
  • ラットにおける早期母子分離が超音波発声と不安傾向に及ぼす影響の研究 (平成24年度)
  • 甲状腺ホルモン阻害ラットにおける注意障害の研究―選択的注意課題を用いた検討― (平成23年度)
  • 甲状腺ホルモン阻害がラットの移動的注意・分割的注意に及ぼす影響の研究―ターゲット検出法の応用― (平成23年度)
  • 甲状腺ホルモン阻害がラットの持続的注意能力に及ぼす影響の研究 (平成23年度)
  • 周産期における甲状腺ホルモン阻害がラットの空間作業記憶に及ぼす影響の研究 (平成21年度)
  • 周産期に甲状腺ホルモン阻害を受けたラットの場所学習能力に関する研究 (平成21年度)
  • 甲状腺ホルモン阻害ラットにおける注意障害に関する研究―プレパルス・インヒビションを用いた検討― (平成20年度)
  • 甲状腺ホルモン阻害ラットにおける注意障害の研究―プレパルス・インヒビション法による検討― (平成19年度)
  • 母体の甲状腺ホルモン阻害による次世代行動障害の研究―オペラント行動を用いた注意障害の検討― (平成18年度)

◎修士論文テーマ

  • 乳児期母子分離が仔ラットの超音波発声と成熟後の不安行動に与える影響(平成27年度)
  • 周産期の甲状腺ホルモン阻害がラットの注意機能に及ぼす影響の研究 (平成26年度)
  • 周産期甲状腺ホルモン阻害がラットの空間記憶能力に及ぼす影響の研究―加齢の効果の検討― (平成23年度)
  • 周産期における甲状腺ホルモン阻害がラットのプレパルス・インヒビションに及ぼす影響の研究 (平成21年度)
  • 妊娠ラットの甲状腺ホルモン阻害による次世代認知行動障害の研究 (平成20年度)
  • 甲状腺ホルモン阻害によるラットの衝動性の研究 (平成19年度)