日本基礎心理学会第18回大会ポスター発表  要旨
 

触運動的潜在記憶課題に視覚的プライムは有効か?
-視覚的、触運動的イメージ効果の検討-
 森本 琢           菱谷 晋介
          (北海道大学大学院 文学研究科)  (北海道大学 文学部)
key words: プライミング効果、視覚的イメージ、触運動的イメージ
 
 

【目的】

  プライム刺激によって形成される表象をイメージなどによって操作すると、交差的プライミングが、生起または増大するという研究が存在する(McDermott & Roediger, 1994; Roediger & Blaxton, 1987).本研究では視覚・触運動といったモダリティに焦点を当て、視覚的な刺激学習から触運動的な同定課題への促進効果(プライミング)が、学習時の刺激提示直後に行わせるイメージの種類によって、どのように変化するのか検討した.被験者として、統制群、視覚的イメージ群、触感不一致触運動的イメージ群(学習時に喚起させる触運動イメージの触感がテスト時と異なる)、触感一致触運動的イメージ群(学習時に喚起させる触運動イメージの触感がテスト時と同じ)を設けた.学習時とテスト時の表象は、視覚的イメージ群では形態的な、触感不一致触運動的イメージ群では形態的および運動的な、また触感一致触運動的イメージ群では形態的、運動的、および触感の面で類似していると考えられる.こうした表象類似度の変化が、結果にどのように影響するかを検討することが本研究の目的である.
また、学習時にイメージを投影させる画面として、白画面(視覚的妨害無条件)と白黒ドット画面(視覚的妨害有条件)を設け、そのような環境で学習した刺激と非学習刺激を比較することによって、各イメージが視覚的妨害にどのような影響を受けるのかも検討した.
 
 

【方法】

被験者 大学生72名(男36名 女36名).
実験計画 実験は4(群:統制、視覚的イメージ、触感不一致触運動的イメージ、触感一致触運動的イメージ)×3(項目の種類:妨害無し、妨害有り、非学習)の2要因混合計画で行われ、後者の要因が被験者内要因であった.
刺激材料 Eastonら(1997)が用いた30個の3線からなる図形(水平線、垂直線、斜線から構成される)に改良を加え、視覚刺激、触覚刺激が作成された(Fig.1).

figure10.jpg

figure14.jpg

実験手続き 学習時(視覚的提示)において、統制群はただ刺激を見るように、視覚イメージ群では刺激提示後白画面または妨害画面上に刺激を緑色にした物をイメージするように教示された.また、触感不一致触運動イメージ群では刺激を3次元的にし、それをあたかも触っているようなイメージを行うよう教示され、触運動イメージの参考例としてテスト刺激とは異なる触感の触覚刺激が練習時に提示された.触感一致触運動イメージ群では、参考例としてテスト刺激と同じ触感の刺激が提示された.注視点1.5秒の後、視覚刺激は2秒提示され、灰色のマスク0.5秒を挟んだ後、イメージの投影画面として、白画面または白黒のドット画面が5秒提示された.
 習後、5分間の妨害課題を挟み、触覚的同定テストが行われた.
 テスト時には触覚刺激が約2秒(被験者10名による予備実験においてこの提示時間での非学習項目の同定率は36%)提示され、被験者はそれを触り、図形を正確に紙に描くことが求められた.採点はMusen & Treisman(1990)の採点基準に従い、正解か不正解の1、0で行われた.
 
 

【結果と考察】

  触運動的課題における各条件の正答率に対して、2要因分散分析を行った(Fig.2).有意な結果が得られたのは、群と項目の交互作用のみであった(F(6,136)=2.50, p<.05).
 単純主効果検定の結果、触感一致触運動的イメージにおける項目の種類に有意な差が見られ(F(2,136)=5.16, p<.01)、下位検定の結果、視覚妨害無項目が非学習項目よりも (MSe=.0151, p<.05)、また視覚妨害有り項目も非学習項目よりも高いことが示された(MSe=.0151, p<.05).つまり、触感一致触運動イメージ群においてのみ、視覚妨害無、有ともに正のプライミング効果が見られたということである.触感一致触運動的イメージ以外の群ではプライミングもしくは妨害による効果は見られず、また、各刺激項目における群の効果は見られなかった.
 この効果は、触運動的課題へのプライミングには、触感を含む触運動的表象が関わっていること、また、たとえ、学習刺激が視覚提示であっても、イメージという心的活動を通して、同定課題に関与した感覚・知覚情報(表象)の処理を行うことで、プライミングが生起することを示唆している.



 
 
 
 

(MORIMOTO Taku, HISHITANI Shinsuke)