Attention and Cognition



2017

第15回注意と認知研究会合宿研究会予稿
[全部ダウンロードする]

2016

第14回注意と認知研究会合宿研究会予稿
[全部ダウンロードする]

2015

第13回注意と認知研究会合宿研究会予稿
[全部ダウンロードする]
    2015年3月15-17日 (名古屋)
    [プログラム]

    [特別講演]
  • 二重課題干渉効果と前頭連合野の関与
    船橋 新太郎 (京都大学)

  • [一般講演]
  • 声と顔の結びつけを規定する要因についての検討
    横澤 一彦 (東京大学)
    金谷 翔子 (産業技術総合研究所)
    橡谷 英幸 (東京大学)
    上田 祥行 (京都大学)
  • 顔から声を予測できるか?―静止画像を用いた顔と声のマッチングにおける性格特性の印象の役割―
    光藤 優花 (関西学院大学)
    小川 洋和 (関西学院大学)
  • 文字列特異的な初期ERPが基づく表象単位
    奥村 安寿子 (北海道大学/国立精神・神経医療研究センター)
    河西 哲子 (北海道大学)
    室橋 春光 (北海道大学)
  • 感覚特徴の共起性と課題無関連性が知覚変容に与える影響
    熊倉 恵梨香 (東京大学)
    横澤 一彦 (東京大学)
  • 注意の妨害による交差・反発知覚の変容
    安原 秀和 (神戸大学)
    喜多 伸一 (神戸大学)
  • 視線方向・頭部方向と視覚的注意
    中島 亮一 (理化学研究所)
    熊田 孝恒 (理化学研究所/京都大学)
  • 意味的な類似性が非注意による見落としを変える
    鈴木 玄 (専修大学)
    大久保 街亜 (専修大学)
  • 青年期女性の親性準備性と乳幼児表情に対する注意バイアスの関連性の検討
    惟村 恵理子 (お茶の水女子大学)
    石口 彰 (お茶の水女子大学)
  • 加齢による視覚探索能力の変化−視線計測を用いた検討−
    川越 敏和 (熊本大学/日本学術振興会)
    浦川 智和 (九州大学)
    森 周司 (九州大学)
    積山 薫 (熊本大学)
  • 探索非対称性の一貫性から探索のメカニズムを探る
    上田 祥行 (京都大学)
    黒須 慎吾 (京都大学)
    齋木 潤 (京都大学)
  • 触覚探索における特徴統合
    菊野 雄一郎 (神戸大学)
    喜多 伸一 (神戸大学)
  • 課題非関連な刺激特徴と報酬の連合が価値駆動的に注意を捕捉する
    峯 知里 (京都大学)
    齋木 潤 (京都大学)
  • 報酬と情動の競合下における視覚処理
    横山 武昌 (名古屋大学/University of Maryland)
    Srikanth Padmala (University of Maryland)
    Luiz Pessoa (University of Maryland)
  • リーチング反応とボタン押し反応の時間特性の検討
    光松 秀倫 (名古屋大学)
  • 二兎を追うものは一兎をも得ず:視覚的作動記憶における逆向的注意の容量制限
    武野 全恵 (岐阜女子大学)
    上野 泰治 (名古屋大学)
    北神 慎司 (名古屋大学)
  • 視覚探索とワーキングメモリ負荷との関連:ERPによる検討
    川島 朋也 (神戸大学)
    松本 絵理子 (神戸大学)
  • 不快画像における人物の有無が事象関連電位に及ぼす影響とその性差に関する研究
    加戸 瞭介 (筑波大学/産業技術総合研究所)
    武田 裕司 (産業技術総合研究所/筑波大学)
  • 感情喚起刺激による注意バイアスの生起
    増田 奈央子 (久留米大学)
  • トライポフォビア喚起画像がサッカード軌跡に与える影響
    白井 理沙子 (関西学院大学)
    小川 洋和 (関西学院大学)
  • 補助字幕が健聴者の映画鑑賞に及ぼす影響
    大山 潤爾 (産業技術総合研究所)
    小林 貴子 (産業技術総合研究所)
  • 3D映画の臨場感: アニメと実写の比較
    伊丸岡 俊秀 (金沢工業大学)
    神宮 英夫 (金沢工業大学)
  • 低価格視線計測装置と実験心理学: ライブラリの開発とその評価
    津田 裕之 (京都大学/日本学術振興会)
    齋木 潤 (京都大学)

2014

第12回注意と認知研究会合宿研究会予稿
[全部ダウンロードする]
    2014年3月2-4日 (名古屋)
    [プログラム]

    [特別講演]
  • 注意と認知:応用研究から考える基礎研究の重要性
    熊田 孝恒 (京都大学)

  • [一般講演]
  • 視覚的注意に対する頭部方向バイアス
    中島亮一 (東北大学)
    塩入 諭 (東北大学)
  • 脆弱性認知が接近車両の到達時間の推定に及ぼす影響
    紀ノ定 保礼 (大阪大学)
    臼井 伸之介 (大阪大学)
  • 認知的制御における意識的気づきの役割: 一過性制御変調と持続性制御変調の比較
    石松一真 (滋慶医療科学大学院大学)
    Anders Meland (Institute of Aviation Medicine, Oslo)
    Tor Are S. Hansen (Institute of Aviation Medicine, Oslo)
    Jan Ivar Kåsin (Institute of Aviation Medicine, Oslo)
    Anthony S. Wagstaff (Institute of Aviation Medicine, Oslo)
  • 左右上肢の運動準備は対応する空間注意のシフトを起こすか?
    梶原隆文 (理化学研究所脳科学総合研究センター)
    Anwar Muhammad Nabeel (理化学研究所脳科学総合研究センター)
    川崎真弘 (筑波大学)
    水野佑治 (理化学研究所脳科学総合研究センター)
    中澤公孝 (東京大学)
    北城圭一 (理化学研究所脳科学総合研究センター)
  • 共同サイモン効果における左右の優勢と参加者の配置
    西村聡生 (安田女子大学)
    横澤一彦 (東京大学)
  • 時間と空間的垂直次元の適合性効果
    光松秀倫 (名古屋大学)
  • 適合性頻度の変動が持続性の認知的制御に及ぼす影響
    蔵冨 恵 (愛知淑徳大学・日本学術振興会)
    吉崎一人 (愛知淑徳大学)
  • フランカー課題による価値駆動的な注意メカニズムの検討
    峯 知里 (同志社大学)
    杉尾武志 (同志社大学)
  • 記憶項目が選択的注意に与える影響
    川島朋也 (神戸大学)
    松本絵理子 (神戸大学)
  • 知覚的負荷が意味プライミングを変化させる ―注意の瞬きを用い検討―
    鈴木 玄 (専修大学)
    大久保街亜 (専修大学)
  • 視覚場面を構成する物体群が持つ統計的規則性の潜在学習
    樋口洋子 (京都大学)
    上田祥行 (京都大学)
    古賀裕紀 (京都大学)
    齋木 潤 (京都大学)
  • 異なる種類のミスディレクションにおける変化検出の比較
    立花 良 (東北大学)
    行場次朗 (東北大学)
  • 複数の刺激セットにおける探索非対称性の文化差の検討
    上田祥行 (京都大学)
    陳 蕾 (京都大学)
    Emily Cramer (University of British Columbia)
    Ron Rnsink (University of British Columbia)
    齋木 潤 (京都大学)
  • 顔の性別判断における全体処理の役割
    横山武昌 (神戸大学)
    野口泰基 (神戸大学)
    向田 茂 (北海道大学)
    喜多伸一 (神戸大学)
  • 色字共感覚と文字習得過程
    浅野倫子 (日本学術振興会・慶應義塾大学)
    横澤一彦 (東京大学)
  • 文字列に対する初期の音韻変換処理は刺激への注意を必要とする
    奥村安寿子 (北海道大学)
    河西哲子 (北海道大学)
    室橋春光 (北海道大学)
  • 刺激の時間周波数が時間知覚に及ぼす影響の半球優位性及びモダリティ依存性の検討
    井上和哉 (関西学院大学)
    佐藤暢哉 (関西学院大学)
  • 感覚間協応の異方性と因果関係の検討
    熊倉恵梨香 (東京大学)
    浅野倫子 (日本学術振興会・慶應義塾大学)
    横澤一彦 (東京大学)
  • ナビゲーションに環境内の起伏が与える影響
    津田裕之 (京都大学)
    齋木 潤 (京都大学)
  • TCP/IPを用いたPsychToolboxと外部機器の連携:SimpleGazeTrackerを例として
    十河宏行 (愛媛大学)
  • 心理学の対象はheartを含むのか
    芦高勇気 (神戸大学)
    嶋田博行 (神戸大学)

2013

第11回注意と認知研究会合宿研究会予稿
[全部ダウンロードする]
    2013年3月10-12日 (名古屋)
    [プログラム]

    [特別講演]
  • 注意と魅力
    河原純一郎 (中京大学)

  • [一般講演]
  • 標的位置確率の処理と選択的注意の関係
    嘉幡貴至 (神戸大学)
    横山武昌 (神戸大学)
    野口泰基 (神戸大学)
    喜多伸一 (神戸大学)
  • 左右視野に依拠した適合性頻度が大域・局所情報処理に及ぼす影響
    蔵冨 恵 (愛知淑徳大学)
    吉崎一人 (愛知淑徳大学)
  • 認知的制御における意識的気づきの役割: 一過性制御変調と持続性制御変調の比較
    長谷川国大 (名古屋大学)
    高橋晋也 (名古屋大学)
  • 共同サイモン効果における反応試行の相補性
    西村聡生 (上智大学)
    横澤一彦 (東京大学
  • 共同作業事態が刺激-反応競合課題の遂行に及ぼす影響
    木村ゆみ (愛知淑徳大学)
    吉崎一人 (愛知淑徳大学)
  • 先行刺激と行為の目的,反応が後続刺激の知覚に与える影響
    光松秀倫 (名古屋大学)
  • 色および形類似性に基づく空間選択
    竹谷隆司 (北海道大学)
    河西哲子 (北海道大学)
  • 系列の潜在学習における課題依存性
    樋口洋子 (京都大学)
    上田祥行 (京都大学)
    小川洋和 (関西学院大学)
    齋木 潤 (京都大学)
  • 断片化した輪郭におけるオブジェクトの検出とカテゴリー判断の比較
    谷口康祐 (北海道大学)
    田山忠行 (北海道大学)
    Sven Panis (University of Leuven)
    Johan Wagemans (University of Leuven)
  • 高速提示下における文字列特異的なERP反応
    奥村安寿子 (北海道大学)
    河西哲子 (北海道大学)
    室橋春光 (北海道大学)
  • 単語共感色を決定する複数の脳神経メカニズム
    横山武昌 (神戸大学)
    野口泰基 (神戸大学)
    古賀裕紀 (京都大学)
    齋木 潤 (京都大学)
    柿木隆介 (生理学研究所)
    喜多伸一(神戸大学)
  • 色字共感覚者と非共感覚者の連続性
    浅野倫子 (慶應義塾大学)
    横澤一彦 (東京大学)
  • 視覚的印付けが雑音内の信号検出に及ぼす影響
    大杉尚之 (東京大学)
    村上郁也 (東京大学)
  • 系列手がかりを用いた視覚性ワーキングメモリの保持柔軟性に関する検討
    李 g (京都大学)
    齋木 潤 (京都大学)
  • 誤結合錯視による視覚探索の妨害
    野口泰基 (神戸大学)
    鈴木恵美 (神戸大学)
    Todd Horowitz (Harvard Medical School)
    Jeremy Wolfe (Harvard Medical School)
  • 風刺激を用いた幽体離脱感覚の生起に関する検討
    金谷翔子 (東京大学)
    横澤一彦 (東京大学)
  • タイピストの脆弱なキーボードレイアウトの記憶表象
    芦高勇気 (神戸大学)
    嶋田博行 (神戸大学)
  • "Absent-mindedness" に影響を与える要因: 振動ばく露環境下での検討
    石松一真 (滋慶医療科学大学院大学)
    Anders Meland (Institute of Aviation Medicine, Oslo)
    Tor Are Schaffer Hansen (Institute of Aviation Medicine, Oslo)
    Jan Ivar Kåsin (Institute of Aviation Medicine, Oslo)
    Anthony Sverre Wagstaff (Institute of Aviation Medicine, Oslo)
  • 怒り表情の探索優位性の背景要因
    松本 絵理子 (神戸大学)
  • 脅威刺激に類似した物体は注意の解放の遅延を生じさせる
    井上和哉 (関西学院大学)
    菊地 正 (筑波大学)
  • マジック動画の反復観察における注視点分布の分析
    正田真利恵 (東京大学)
    横澤一彦 (東京大学)
  • 文化特有の風景は文化特有の注意プロセスを産出する
    上田祥行 (京都大学)
    小宮あすか (神戸大学)
  • スピード線がもたらす主観的な速さ感覚の規定要因
    林 聖将 (東京大学)
    松田 剛 (東京大学)
    玉宮義之 (東京大学)
    開 一夫 (東京大学)
  • 視覚的注意における分節化と群化の役割 ―事象関連電位を用いた検討―
    李 旻昊 (北海道大学)
    河西哲子 (北海道大学)
  • 視覚的注意における希釈項目の影響
    川島朋也 (神戸大学)
    松本絵里子 (神戸大学)
  • トップダウンの注意がワーキングメモリ表象の精度に与える効果
    津田裕之 (京都大学)
    齋木 潤 (京都大学)

2012

第10回注意と認知研究会合宿研究会予稿
[全部ダウンロードする]

2011

第9回注意と認知研究会合宿研究会予稿
[全部ダウンロードする]

2010

第8回注意と認知研究会合宿研究会予稿
[全部ダウンロードする]

2009

第7回注意と認知研究会合宿研究会予稿
[全部ダウンロードする]

2008

Invited lecture



第6回注意と認知研究会合宿研究会予稿 [全部ダウンロードする]


2007

第5回注意と認知研究会合宿研究会予稿

2006

第4回注意と認知研究会合宿研究会予稿

2005

第3回注意と認知研究会合宿研究会予稿

2004
Proceedings of the 5th workshop on Attention and Cognition

Proceedings of the 4th workshop on Attention and Cognition

第2回注意と認知研究会合宿研究会予稿

2003
Proceedings of the 3rd workshop on Attention and Cognition
第1回注意と認知研究会合宿研究会予稿

2002
Proceedings of the 2nd workshop on Attention and Cognition
Proceedings of the 1st workshop on Attention and Cognition