楡心会会員からのメッセージ



【2】 高田 修 (1972年卒業、元横浜少年鑑別所長)


サンチャゴ・デ・コンポステーラ

 1972年に卒業し、以来ずっと法務省で矯正関係の仕事に従事してきた。旅行は好きだったが、職務の性質上、施設に被収容者を抱えているという事情があり、特に海外については、気軽に旅行をする訳にもいかなかった。2009年に退職した後、それまでの欲求不満を晴らすかのようにあちこちと出かけるようになった。近年はスペイン北西部のガリシア州にあるキリスト教の聖地サンチャゴ・デ・コンポステーラに至る巡礼路歩きに親しんでいる。

 サンチャゴとはキリスト教の12使徒の一人である聖ヤコブのスペイン名でフランスではサンジャックという。西暦813年、スペイン北西部ガリシアで、長らく行方不明になっていた聖ヤコブの遺骸が再発見され、その地にアストリアス国王アルフォンソ2世が聖堂を建てさせたのがサンチャゴ・デ・コンポステーラの始まりとされている。世界史でも習った通り、イベリア半島は8世紀にイスラーム勢力に席巻されたが、これに対するキリスト教側の巻き返しが国土回復運動(レ・コンキスタ)である。長い戦いの過程において、聖ヤコブはスペインのキリスト教徒の守護聖人とされ、熱烈に信仰されるようになった。彼の遺骸が安置されているサンチャゴ・デ・コンポステーラは、イェルサレム、ローマと並びキリスト教の三大聖地とされ、11,2世紀頃の最盛期には、ヨーロッパ各地から年間50万人もの信徒が巡礼した年もあったという。教会や修道会、王侯貴族を始め、兄弟団といった市井の篤志家などがこぞって巡礼のための施設を開設し、巡礼する人を支援した。その後サンチャゴ巡礼は長らく衰微していたが、最近急速に復活しつつある。たとえば、統計を取り始めた1985年には年間2491人に過ぎなかった巡礼者が、私が巡礼した2015年には26万2458人になっているという。中世の昔は、神の赦しを得るための贖罪の旅であったが、現代の巡礼の目的は多様である。観光やトレッキング、歴史的な巡礼地まで歩き通してみたいといった達成の動機などが多く、私の狭い経験からであるが、信仰のために巡礼する人はあまり見かけない。

 サンチャゴ巡礼路には多くのルートがある。もっともポピュラーなのは「フランス人の道」で、国境近くのフランスバスク地方の町、サン・ジャン・ピエ・ド・ポーからピレネー山脈を越えてスペインに入り、その後スペイン北西部を横断し、サンチャゴ・デ・コンポステーラに至るおおよそ800キロメートルに及ぶルートである。私が初めてサンチャゴ巡礼を経験したのは、2012年のことで、先に述べたアルフォンソ2世が巡礼したとされる「プリミティーボの道(最初の道)」を歩いた。この道はスペインのアストリアス州にあるオビエドという町を出発地にしている。次いで、2014年と2015年の2回に分け、「フランス人の道」を踏破した。サンチャゴ巡礼路はフランス国内を出発地とするものが多いので、今年はその代表的なルートである「ル・ピュイ」の道を歩いたが、途中で足首を捻挫し、中断のやむなきに至った。「ル・ピュイの道」はフランス、オーベルニュ地方の町ル・ピュイ・アン・ヴレを出発地にし、おおよそ730キロメートルを歩いてサン・ジャン・ピエ・ド・ポーで「フランス人の道」に接続する。足が良くなったら来年にでも行程の残り部分を歩くつもりでいる。

 昔の巡礼者は杖と水筒代わりの瓢箪を持ち、聖ヤコブの象徴であるホタテ貝の貝殻を身につけて旅をした。杖と瓢箪はともかく、現代の巡礼者の多くもホタテ貝をリュックサックにくくりつけている。今でも巡礼のシンボルとして欠かせないアイテムなのである。実用的なものとして巡礼手帳(クレデンシャルという)が必要である。いわば巡礼用のパスポートというべきもので、これがなければアルベルゲ(巡礼宿)に泊まれない。また、クレデンシャルには教会やアルベルゲなどでスタンプを押してもらう。このスタンプが巡礼路上の町や村を確かに通過したという証明になる。サンチャゴ・デ・コンポステーラの大聖堂にたどり着いたときに巡礼事務所の係にクレデンシャルに押したスタンプを点検してもらい、要件 を満たしていれば、晴れてコンポステーラ(巡礼証明書)を発行してもらえる。なお、巡礼の手段は、徒歩か自転車、もしくは乗馬に限られる。馬が出てくるのは面白いが、昔は庶民が徒歩、身分の高い人や裕福な人は騎馬で巡礼していたので、その名残であろう。徒歩の場合はサンチャゴ・デ・コンポステーラまでの最後の100キロメートル以上を、自転車による場合は200キロ以上を連続して踏破すれば巡礼をしたと認められる。



巡礼のホタテ貝




クレデンシャルに押したスタンプ


 前置きは以上にして、実際のサンチャゴ巡礼にご案内しよう。ここでは妻と2人で一昨年5月と昨年5月から6月にかけて歩いた「フランス人の道」を紹介する、スタートはフランスバスク地方の町サン・ジャン・ピエ・ド・ポーである。フランス人はもちろんのこと、他のヨーロッパ諸国からの巡礼者もここをスタート地点にする場合が多い。

 2014年5月12日、町の西はずれで「スペイン門」をくぐるといよいよ巡礼の始まりである。この門からは8世紀にシャルルマーニュ大帝が、19世紀にはナポレオンがスペインに向かって出征していった。街を出ると、のっけから急な上りになる。巡礼路中最大の難所とされているピレネー山脈越えの始まりである。サン・ジャン・ピエ・ド・ポーからおおよそ20キロをひたすら上るとレポェデール峠。峠の手前にフランスとスペインの国境線が走っていて、これを越えるとスペインのバスク州である。峠付近では雪に降られた。峠を降りる途中で、霧の隙間からロンセスバージェス修道院がぼんやりと見えたときにはほっとした。峠で難儀をした昔の巡礼者も同じ気持ちだったことだろう。ロンセスバージェスの修道院では、1日中鐘を鳴らし続けて巡礼者に位置を知らせていたという。ここはスペイン側最初の村で、スペイン人はこの村から巡礼をスタートする場合が多いようだ。教会では毎晩巡礼者の無事を祈るミサが行われる。



霧の間から見えたロンセスバージェスの修道院


 5月15日にはパンプローナを通過した。パンプローナはバスク州の州都で、サンチャゴ巡礼路上では、ブルゴス、レオンと並ぶ大きな街である。ピレネー越えを回避するために、この街を巡礼のスタート地点にする人もいる。パンプローナは毎年7月に行われるサン・フェルミン祭が有名で、我が国の海外ニュースでもよく取り上げられる。この祭りを有名にしているのはエンシェロという牛追いの行事である。気の荒い雄牛を疾走させ、その前を男達が走り勇気を証明するのだが、年によっては死者が出ることもある。また、パンプローナはバスク料理のピンチョスの本場である。ピンチョスは、バルと呼ばれる飲食店で提供される串に刺した一品料理である。バルによってそれぞれ得意があるので、何軒かのバルをはしごしてまわるのが通の楽しみ方とされている。

 5月16日にプエンタ・ラ・レイナに到着。ここはフランスから延びてきた4本の巡礼路が最終的に合流するところである。町の名のプエンタ・ラ・レイナとは王妃の橋という意味である。町の西を流れるアルガ川にナバーラ王国の王妃、ドニャ・マヨールが架けさせたという立派な橋がある。プエンタ・ラ・レイナから約1日行程のイラーチェの村には「ワインの泉」がある。地元のワイン醸造会社が巡礼者にワインを無料で振る舞っている。会社の門の所にタンクが置いてあり、左の蛇口をひねるとワインが、右の蛇口をひねると水が出てくる。酒好きにはこたえられないところである。昔イラーチェには修道院があり、ここでは巡礼者にワインを振る舞っていた。この会社は修道院の接待の伝統を引き継いでいるのである。

 5月20日にバスク州からラ・リオハ州に入った。ラ・リオハ州はリオハワインの名で知られるスペインにおけるワインの一大産地である。同日ラ・リオハ州の州都ログローニョを通過。ログローニョは人口14万余りの大きな街である。848年頃この町の南18キロほどのクラビホでアストリアス王国軍とイスラーム軍が衝突した際に白馬に跨った聖ヤコブが現れ、劣勢のキリスト教徒側を勝利に導いたという伝説がある。

 5月22日、サント・ドミンゴ・デ・カルサーダ着。足にできたマメがひどく悪化してきたので、病院へ行き診察を受けたところ、医師から巡礼の中止を勧告された。残念ながら出発地のサン・ジャン・ピエ・ド・ポーから200キロ余り歩いたところでこの年の巡礼は中断となった。



モホン(道標)



 2015年5月12日、おおよそ1年ぶりにサント・ドミンゴ・デ・カルサーダに舞い戻った。サンチャゴ・デ・コンポステーラまであと570キロ余り、昨年中断した地点からの再開である。サント・ドミンゴ・デ・カルサーダは、巡礼者のために橋や石畳の道(カルサーダという)、救護施設などの整備に尽力した聖ドミンゴによって開かれた町である。ちょうどお祭りをやっていて、町は大にぎわいであった。大聖堂の正門から聖ドミンゴの像が引き出され、人々がこれを引いて旧市街を練り歩く。楽隊や色鮮やかなコスチュームを着た人、それに司教や町の名士と思われる人たちも盛装で加わった華やかなパレードである。



狭い路地を通り抜けるパレード


 5月13日にグラニョーンという村の先でラ・リオハ州とカステーリャ・イ・レオン州の境を超えた。カステ−リャ・イ・レオン州内で、巡礼路は乾いた大地の中、延々400キロメートルあまり続く。この州が巡礼の山場である。

 5月15日、昔は難所とされた「オカの山道」を通過した。オオカミや追いはぎが出て巡礼者に恐れられたが、今はどうということもない。

 5月16日、ブルゴスに到着した。この町でサンチャゴ・デ・コンポステーラまでの道のりは500キロを切る。ブルゴスにはセビーリャとレオンに並ぶスペインの三大聖堂のひとつがあり、天を衝くような尖塔を林立させた大規模なゴシック様式の大聖堂はこの町のシンボルになっている。また、ここにはスペインの国民的英雄エル・シッドの墓がある。ブルゴスを出ると、「メセタ」といわれる台地に一面の麦畑が広がっている。延々と続く麦畑の道は巡礼路中で、もっとも印象的な風景である。



ブルゴス大聖堂



果てしなく続くカステーリャの道


 5月25日、レオン着。レオンは、かつてのカステーリャ・イ・レオン王国の首都で、国土回復運動の拠点となった歴史的な町である。大規模なステンドグラスを有する大聖堂と内部のテンペラ画が美しいサン・イシドロ教会がある。ここまで来るとサンチャゴ・デ・コンポステーラまでの道のりは300キロを切る。レオンを過ぎると道は徐々に登りになり、海抜1505メートルと、巡礼路中もっとも標高が高いイラゴ峠を越える。ここには「鉄の十字架」という背の高い十字架があり、故郷から持ってきた石に願いを込めて十字架の根方に置く慣わしがある。多くの人が石を置いていくので、十字架の周りは小山のように盛り上がっている。私達も自宅のそばで拾い、持参した小石をここに置いた。妻は何事かを願ったようだが、不信心な私は特に願い事はしなかった。



レオン大聖堂のステンドグラス


 5月31日、中世にテンプル騎士団が築造した城塞が残っているポンフェラーダを通過した。

 6月2日、最後の難所オ・セブレイロ峠に達した。ここからは目的地のサンチャゴ・デ・コンポステーラがあるガリシア州である。フランスからピレネー山脈を越え、スペインのバスク州、ラ・リオハ州、カステーリャ・イ・レオン州を越えてきたフランス人の道の旅もいよいよ最終舞台を迎えることになる。峠から俯瞰するガリシアの山谷は雲海に覆われていた。

 6月4日、サリーア着。サリーアからサンチャゴ・デ・コンポステーラまでは116キロメートル、連続して100キロ以上を歩くという巡礼の要件を満たすので、この町から歩き始める人も多い。幼児を伴った家族連れや老夫婦など、様々な人たちが加わって巡礼路は一層賑わい始める。サリーアからおおよそ60キロ進むとメリーデ。ここで2012年に歩いたプリミティーボの道が合流する。また、ガリシア風タコ(プルポ・デ・ガジェーガ)という名物の茹で蛸料理がある。昼時だったのでタコ料理専門店(プルペリアという)に立ち寄り昼食にした。ガリシア風タコは白ワインとともにいただくのが定番である。これから先、まだ歩かなければならないのだが、誘惑に勝てずワインも注文してしまった。

 6月9日、前夜泊まったサンタ・イレーネのアルベルゲを早朝に出発、朝焼けを背に教会の鐘楼が黒く浮かび上がり美しかった。あと25キロメートルを歩くと、いよいよ最終目的地サンチャゴ・デ・コンポステーラである。11時前にサンチャゴ・デ・コンポステーラの5キロ手前にあるモンテ・ド・ゴーソに到着。この地点から初めてサンチャゴ大聖堂の尖塔が見える。昔の巡礼者は少しでも早く見ようとして丘を駆け上り、はるかに大聖堂の尖塔を拝み感涙にむせんだという。



サンチャゴ大聖堂


 丘の上にはサンチャゴ市街の方に向いて歓喜のポーズをとっている巡礼者像がある。午後1時前に大聖堂に到着し、巡礼事務所に並び、巡礼証明書の交付を受けた。めでたく巡礼成就である。大聖堂の内部は、金ぴかというと言葉は悪いが、絢爛豪華の極みである。内部を参観し、祭壇の背後に回ってそこに祀られている聖ヤコブ像の幅広い背中を抱擁し、無事聖地にたどり着けたことを感謝する。これまでに一体幾人がこの階段を上り下りしたのであろうか、祭壇に上がる石段はものの見事にすり減っている。また、地下には聖パウロの遺骸が収まっているとされる銀の箱がライトを浴びて輝き、熱心な信者がその前に跪いて祈りを捧げている。巡礼を成し遂げた人の多くは翌日の正午に開催される祝福のミサに出席する。ミサでは大聖堂に到着した巡礼者の出身国や地域の名が読み上げられる。もちろんハポン(日本)の名も出た。これを聞くと、苦しくも楽しかった巡礼の旅がよみがえり、感慨無量である。その後、ミサに参列した者同士が握手をし、お互いを祝福しあう。最後のクライマックスがボタフメイロの儀式である。これは、ひときわ高らかに鳴り響くパイプオルガンの演奏とともに、ロープ操作によって重量70キロもある香炉を翼廊の間でスイングさせ、香煙を振りまくのである。その始まりは、ろくに身体も洗わず着の身着のまま大聖堂にたどり着いた巡礼者の身体から発する臭気を消すためだったそうだ。ミサへの参列が終わると、巡礼は完了ということになる。ただし、ここからさらに西へ向かい、大西洋の荒波が岩礁を洗う地の果てフィステーラやムシーアまで足を伸ばす人もいる。



ボタフメイロ(中央)


 以上、駆け足でサンチャゴ巡礼について紹介したが、むろん実際は炎天下や悪天のもと、おおよそ40日にも及ぶ長丁場である。どうしてこんな苦労をしてまでサンチャゴ巡礼をするのか、その目的や動機等については最初に少し触れたが、そのほかにも理由がある。ピレネー山脈を越えてスペイン側最初の村、ロンセスバージェス修道院では、「門は開かれている。誰にでも、カソリックにも、異教徒にも、貧者、愚者であろうとも、兄弟のように抱きしめよう。国も政治も隔たり無く・・・・・・」と謳われているという。現代のサンチャゴ巡礼の魅力と本質が見事に表現されている言葉だと思う。サンチャゴ・デ・コンポステーラに到着したいという願いを唯一の共通点として世界中の異なった国から、異なった価値観や個人的な事情、異なった巡礼の動機を持つ人たちが巡礼路に集い、分け隔てのない親愛や善意をもって行動を共にし、お互いをいたわり、助け合う。サンチャゴ巡礼は人間の善き面を最大限に引き出す希有の舞台装置であり、巡礼する人に一般の旅では経験できないような強い感動をもたらす。リピーターが多いのももっともなことだと思われる。



バルセロナから来たロベルトと


 ここでは省略するが、サンチャゴ巡礼が盛んになるにつれて我が国でも案内書や紀行、解説書の類が何冊か刊行されている。また、サンチャゴ巡礼をテーマにした映画もあり、次の2タイトルがビデオショップで比較的容易に借りられるので興味がある方はご覧戴きたい。

@ サンジャックへの道
 それぞれ問題や葛藤を抱えた男女がル・ピュイからサンチャゴ・デ・コンポステーラへの巡礼を果たし、その過程において新たな自分に脱皮してゆくというストーリー。だまされてメッカに巡礼すると最後まで信じていた狂言回しのようなイスラーム教徒少年の純真さが胸を打つ。味わい深いコメディー映画。

A 星の旅人たち
 フランス人の道のスタート、ピレネーで遭難死した男の父親が、息子が背負いともに世界を巡ったバックパックを引き継ぎ、彼に代わってサンチャゴ・デ・コンポステーラへの巡礼を果たすというストーリー。巡礼路を歩く過程において、息子の生き方を理解し、それまでのわだかまりが解けていく。


略歴:1972年 北海道大学文学部哲学科実験心理卒業。同年法務省札幌少年鑑別所に勤務。 以後、刑務所、少年鑑別所などの矯正施設、矯正管区、旧総理府などの勤務を経て、 2009年 横浜少年鑑別所を退職。以後無職徒遊。