Technical Report (1995.4 〜 現在刊行中)

北大の心理学研究室では,これまで HBSR (Hokkaido Behavioral Science Report, Series P)ならびに REPORTS FROM THE LABORATORY OF PSYCHOLOGY という2種類の シリーズで論文を発行していましたが, 大講座化されたことをきっかけにこれらを再編し,原著論文・研究報告の Technical Report,研究に役立つソフトの紹介, 分析方法の紹介,実験用ソフトの紹介などの Research Support Notes というシリーズで発行することにしました. 現在までに発行されている Technical Reports は下記の通りです.

 
No. Year Month Authors Title
11996MarchYasuhiro KawabataSPATIAL INTEGRATION IN HUMAN VISION AND CHROMATIC ADAPTATION PROCESSES
21996March谷上亜紀・阿部純一漢字想起の自己評価 - 失語症患者と健常者の比較 -
31996AugustTadayuki Tayama and Richard A. BlockMODELS OF TIME PERCEPTION AND TIME ESTIMATION
41996AugustKeiichi Saito and Jun-ichi AbeERRORS IN THE COMPREHENSION AND PRODUCTION STAGES IN THE JAPANESE-ENGLISH TRANSLAION
51996November平真木夫・瀧川哲夫構造的類似性が類推予測のもっともらしさに及ぼす影響
61996December増地あゆみ・瀧川哲夫主観的リスク評価における確率的概念の適用 - 集合的判断と個人的判断の比較 -
71997January眞嶋良全・瀧川哲夫帰納的推論及び仮説検証過程に関する研究概観
81997May谷上亜紀・阿部純一失語症患者のFOK判断
91997October浅村亮彦・阿部純一ルート的視点とサーヴェイ的視点から形成された空間的メンタルモデルの異質性
101998September菱谷晋介内的声と内的耳の相互作用 - 聴覚イメージによる知覚的干渉と促進のメカニズム -
111998November岡田顕宏・阿部純一音楽知覚におけるモジュール性 - 神経心理学的研究を中心とした研究の展望 -
122000MarchTadayuki TayamaThe minimum temporal thresholds on motion detection for grating patterns
132001January吉野 巌熟達化による音楽認知の変容 - 調性の場合 -
142001MarchTadayuki TayamaThe spatial and temporal conditions for perceiving velocity as constant
152001April宮崎 拓弥・菱谷 晋介主観的体験としての情動イメージの構造
162001MayTeruaki Nakajima and Jun-ichi AbeSimulating Anaphoric Interpretation in Discourse Understanding: A Computational Account of the Diversity of Japanese Pronoun Interpretation Behaviors
172001June増地あゆみ・瀧川哲夫リスク認知に及ぼす 知識レベルとメッセージの効果 ─ アルミニウム・電磁波・遺伝子組み換え食品を題材として ─
182001June森本琢・菱谷晋介視覚−触運動間クロスモダルプライミングの生起メカニズム
192001SeptemberKoichi Kaketa and Jun-ichi AbeUPPER LIMIT OF EFFECTIVE READING RATE AND MAXIMUM WIDTH OF EFFECTIVE VISUAL FIELD IN READING
202001DecemberKenichi Kanai, Kazuo Ikeda and Tadayuki TayamaThe effect of exogenous spatial attention on auditory information processing
212001December宮崎 拓弥・本山 宏希・菱谷 晋介名詞,形容詞,形容動詞の感情価の検討
222002March森本 琢・菱谷 晋介ワーキングメモリの触運動的および視覚的側面における形態的表象と材料的表象の分離と統合
232002November宮崎 拓弥・本山 宏希・菱谷 晋介イメージ体験における形象的情報と感情的情報の随伴性
242003January宮崎 拓弥・菱谷 晋介イメージ体験における形象的情報と感情的情報の随伴性に関する実験パラダイムの検討
252003FebruarySatoshi Tsujimoto and Tadayuki TayamaIndependent mechanisms for dividing attention between the motion and the color of dynamic random-dot patterns
262003May宮崎 拓弥・菱谷 晋介正負情動価の違いがイメージ体験の構造的差異に及ぼす影響
272003May川端美穂・川端康弘中高学年児童の対人認知枠組みにおける 友人とそうでない子の分化 ― Grid techniqueによる検討 ―
282003June宮崎 拓弥・菱谷 晋介イメージ体験の理論的展望
292003June川端美穂・川端康弘中高学年児童が学級のメンバーに対して使用した内的特性概念の分化
302003July松永理恵・阿部純一調の知覚を導く手かがり ― 音高セットと系列的特徴 ―
312003October黒澤勝士・瀧川哲夫交渉解決法としてのハイパーゲーム理論 −心理学的視点の導入−
322003OctoberRie Matsunaga and Jun-ichi AbeCues for Key Perception of a Melody: Pitch Set and Pitch Sequence
332004March中田智子・阿部純一歌の記憶における詞と旋律との間の非対称な相互作用: リズムパターンとピッチパターンの寄与に関する検討
342004November松永理恵・阿部純一調知覚の手がかりとなる系列的特徴
352005AugustTomoko NAKADA and Jun-ichi ABETEXT-MELODY ASYMMETRICAL INTEGRATION IN MEMORY FOR SONGS: CONTRIBUTIONS OF RHYTHM AND PITCH PATTERNS OF MELODIES
362005OctoberYasuhiro Kawabata and Miho KawabataThe Effects of Chromatic and Luminance Contrast to Recognition Memory for Natural Scenes
372006FebruaryRie Matsunaga and Jun-ichi AbeWhat Kinds of Sequential Characteristics Function As Cues for Key Perception?
382006FebruaryTadayuki TayamaVelocity influences on detection and prediction of changes in color and motion direction
392006September中田智子・阿部純一歌の記憶における音楽と言語の相互的影響
402006October大野拓恵・阿部純一日本人英語学習者の日本語文章および英語文章の読解におけるsubvocalization
412006December川端康弘・川端美穂ビジュアルシーンを把握する能力は向上するか − デッサン熟達者の情景再認記憶 −
422007January本山宏希・宮崎拓弥・菱谷晋介 心的イメージの視覚情報に伴う感情情報の共起
432007January川端美穂・川端康弘「創作ミュージカル活動」の人間力育成効果 ― 学生への質問紙調査による検討 ―
442007February西原進吉・菱谷晋介大細胞系は触コーディネイト処理に関与するか
452007February王 崙・阿部純一 第二言語としての英語の書字単語の認知における母語の影響 ―日本語母語話者と中国語母語話者の比較―
462007February石田容士・阿部純一反復的言及はアイロニー理解の必要条件か
472007FebruaryRie Matsunaga and Jun-ichi Abe The Role of Incremental Changes of Pitch Set on Musical Key Identification
482007MarchTomoko Nakada & Jun-ichi AbeAsymmetrical Influence of Words and Melody in Memory
492007March石田容士・阿部純一アイロニーによる非難の対象は反復的言及によって同定されるか
502007July王 崙・阿部 純一第二言語の書字単語の処理パターンについて  ―日本語母語話者と中国語母語話者の比較―
512007October小幡直弘・ 瀧川哲夫意思決定場面における物理的属性と主観的基準の比較 ―住居選択場面における調査―
522007October山田 惠・ 阿部純一日本語母語成人の英単語音読における綴りから発音への変換の特徴
532007December大藤弘典・ 菱谷晋介日常環境内における整列効果に関する検討 ―空間記憶の方向特異性と身体方向の効果―
542008JanuaryTakue Ohno and Jun-ichi AbeSubvocalization in Reading Japanese Texts and English Texts Silently
552008April谷口佳名・ 田山忠行表情認知における動的情報の役割
562008June笠井有利子・ 川端康弘ビジュアルシーン内の可変情報の保持とその時間推移
572009MarchTadayuki Tayama and Fumiaki SatoMinimum temporal thresholds for discriminating changes in motion direction
582009June籔 貴代美・阿部純一失語症患者の復唱において音韻性錯語が減少するとき
592010FebruaryHaruka Shoda and Mayumi AdachiA Case Study of Acoustical and Movement Variations in a Piano Performance
602010March松田久美・安達真由美母親の「信念・価値観」の規定因子に関する探索的研究
612010May本山宏希・松村健太・ 菱谷晋介イメージ鮮明度に影響する脳部位の探索的研究
622010June廣瀬健司・菱谷晋介イメージによる明順応
632010July大藤弘典・菱谷晋介移動経路の複雑さが空間記憶の方向特異性に及ぼす影響
642010November谷口康祐・田山忠行 線画刺激におけるオブジェクト認知 ―検出・識別・同定の判断に関連する形態情報の比較―
652011February川端康弘・五十嵐淳子・川端美穂物体に関する色の知識の性質と日常的場面の記憶に与える影響
662011MayChihiro Saito, Steve M. J. Janssen, & Tadayuki Tayama The effects of performance feedback oninterval timing: Learning and generalization
672011December笠井有利子・川端康弘シーン内の物体色の記憶と知覚的誘目性の関連
682012March井上愛弓・仲真紀子司法面接の繰り返しが面接者の質問および目撃報告に及ぼす効果 ―NICHDガイドラインを用いて―
692012AugustTaku MorimotoThe relationship of haptic-related representations in working memory
702012August川端美穂・佐々木三公子・川端康弘幼児における色再認と物体の典型色に関する知識の影響
712013February高橋文代・川端康弘感情語から連想される色と表情色の関係
722013August川端康弘・川端美穂女子大学生の赤、黄及び紫色領域における色識別の優位性
732016January名畑康之・仲真紀子様々な属性の目撃証人の信用性に関する調査
742016October田山忠行・前川祐弥時間周波数順応下での時間知覚